The Man With The Child In His Eyes

 

5月10日まで臨時休業中・・・

で、お休み7日目。
で、今日は子供の日。
25年間 この日に休んだことがなく
こんなことしていて良いのか、複雑。

しかし、仕方がない。
仕方ない時は瞑想する。
今日は誰にも会わず山小屋までひとっ走り。
一昨日植えた苗が
鹿にやられてないか確認もしたいし・・。

その後、心穏やかにして
デッキで瞑想することに。。。

 

その前に今日の一曲。笑

藤井風くんのピアノ弾き語り繋がりで・・

大好きだった彼女の、
(最近はだいたい過去形、自分でもさみしい。笑)
大好きだったナンバー。

ちなみに・・妖艶な彼女の代表作がTVで使われて
一曲だけ有名になってしまった。

アレでイメージ変わった気がする。
できれば使わないで欲しかった。。。

 

 

She’s always a woman

 

5月10まで臨時休業しています。

で、お休み6日目。
まだまだすることいっぱいある。

一昨日の風くんからピアノ繋がり
今日は大御所ビリージョエル!

昔流行ったよなぁ。。
同級生男子は大体好きだった気がする。
私も数枚LP持ってます。
実はそんなに強烈なファンではなかったのだけれど・・笑

けど、素敵な曲いっぱいありますよね、
その中でも一番好きな曲。

 

 

 

あっという間の一年!

みなさま今年もありがとうございました。

どう言う訳だか、どんどん忙しさが増してゆき・・

ブログをちょくちょく更新する余裕もなくなってきたこの頃・・・。

来年はもう少しマメに更新を。。

 

で、

今年最後の一曲は・・・

んーーーー、

仕事しながら色々考えましたが、

久しぶりにゆっくり聴きたくなったので

初々しい彼女の懐かしいナンバーで締めくくることに。

 

みなさま良いお年をお迎えください。

✴︎年始  1月3日 10:00~17:00  open!!

 

 

ナツメロ。

 

「急にモンブランが食べたくなった」と
幼馴染のMちゃんがやって来た。

数年振りに会った彼女は
相変わらず美人でキラキラ輝いていた。

c 「ボヘミアンラプソディーって何回観た?」
m「2回観た」
c 「感動した?どんな感覚?」

筋金入りのQUEENファンだったMちゃんに
この次会ったら絶対聞こうと思っていた質問だったけど、
結局なんて言ってたんだろう?笑

Mちゃんのご両親はその昔ジャズ喫茶を経営していた。
お陰で多感な頃にいろんな音楽を聞かせてもらった。
Mちゃんに出会ったからジャズがとても好きになった。
Mちゃん一家には感謝しかないのだ。

そんな彼女から
「懐かしい人のライヴがあるよ」って
大昔のスコットランドの(音楽性はさておいといて笑)
私たち共通で大ファンだったアイドル的ロックグループの
日本ツアーのお誘いをいただいたのだけど
繁忙期の土曜日で行けそうになく・・。

メンバーがオジサンになってる姿も見たくないし、
当時のままの姿を胸の中にしまっておこうかと、
残念な様な、ホッとした様な、、、笑。

で、
今夜、数十年ぶりに 懐かしいナンバーでも聴いて寝ることにします。

 

ちなみに・・・
Mちゃんはドラムスのデレク
私はヴォーカルのレスリーが大好きだったのですけどね、笑。

ジュリエット〜!

 

ポカポカお天気だった
先週のマルシェ・ド・ノエル!

久しぶりにお会いできたお客様や
友達が沢山集まってくださり
本当に有難うございました!

いつも画像を残さず後悔するのですが
今回は気づいていたものの
同じ場所から殆ど動くことができず
結果、大した画像残っておらず、、、

 

大した画像ではない、、、などと。
失礼いたしました!
唯一残っていた美人な友人4人のランチ風景、
「あなたたちのおかげで、
ここ、カルチェラタンみたいやわ〜」

マルシェ挟んだ一週間は
ビノシュ週間でもありました。
実は私、ジュリエット・ビノシュが大好きで
大昔のボーイフレンドも彼女が大好きだったため
ちょっとでも近づこうかと(爆!)
長かった髪をバサッと
ショートにしたのでございますよ(笑)

で、
私のビノシュ好きを知っていた友人Nちゃんが
吉野の山奥の小さなお寺でひっそりと開かれた
ライブに誘ってくださり・・
お忍びでいらしていたビノシュさんとご対面〜!
シュトレンをお渡しし、少しお話もできました(涙)

その2日後、ビノシュさんのリクエストで
高野山をご案内することになり・・
(残念ながら私は仕事で行けませんでしたが)
彼女は友達のカフェでランチを食べ
友達が焼いた器を沢山買ってくださり
空海と苔がとても好きなんだ・・とかで・・。
・・・好きなん、いっしょやん〜!笑

友達のおかげで
ビノシュさんと嘘みたいに繋がった一週間でした。

 

 

ビノシュさんまたいつか。。

 

そしてそして。。
大好きなフランス女優に会えたってことは・・

N島さん、、、、
そろそろとちがいますか?
もうそろそろ会える気
ムンムンしてますねけど・・・笑

 

そろそろ12月。

 

ここのところ
お店の中はシュトレンを焼く香りで溢れています。

この香りがすると
スタッフ全員気合が入るんですよね。
パティシエたちは仕事を黙々とこなし
ほんと、集中力の塊です!
隣で見ていても気持ちが良い。
大変だからこそかっこいいんですよね〜。
いつもご苦労様です。

12月になるとすぐ
マルシェ・ド・ノエルがやってきて
バタバタしているうちにクリスマス突入!
そして一年が終わっちゃう。

先日、同世代の友人と、
時間たつの早くなったな〜って
しみじみ語り合いました。
10年なんて、アッという間。
あっという間に歳とっちゃうから
やりたいことやっておかないとね〜って。

そういえば・・・
カラオケって25年くらい行ってない。
カラオケ、行ってみたい!笑

昔、ボランティア活動の帰り道
みんなでよくカラオケに行った。
お寺の住職Aちゃんが必ず〆で歌ってた
ブロンディのアノ曲☝︎
急に聴きたくなってyoutubeチェックする。

 

 

あららら、なつかしや〜
「Call Me」が主題歌だった映画

アルマーニ着たアメリカン・ジゴロのリチャード・ギア
かっこよかったなぁ・・。

でも、おじいさんになった今の方が好きかもなぁ。笑

 

月と太陽

 

夜道光る月日は
家を灯すだけでなく
大人も子供も 心も照らす

雨乾かす朝日は
花をまもるだけでなく
葉っぱも 子猫も 君も見てる

人は誰かを支えて 生きていくの
人は誰かにもたれて 歩いていくの
人は一人で生まれて一人でゆくけど
儚い時間の夢を一緒に見よう・・

矢野顕子「月と太陽」より

 

 

上原ひろみ&エドマール・カスタネーダの
ライヴアルバムをダウンロードしたんですが・・
その中に偶然
「月と太陽」が収録されていたんですね。

エドマールのハープ、
初めて聴くのにすごく懐かしかった。

 

そういえば昔、
シェフとよく行ったカフェで
いつも流していたCDって
ハープの演奏だったなぁ。。。

 

そろそろ10年、
悲しいことも嬉しいことも、
いっぱい乗り越えてきたなぁ。。。

なんて、

安いワイン片手に満月眺めながら
いろいろいろいろ・・・

もの思ふ秋。笑

 

ロンドンにて、ひとりごと。

 

流行りだからとかじゃなくて、ですよ。

森の中に小屋作って
そこでお菓子焼きたいんですよね〜
茶色くて渋いお菓子ばかり厳選して焼きたい!笑

 

 

入り浸りなご常連NG!
カフェ好きNG!
カメラ女子男子NG!
お子もNG!(鬼みたいなこと言いますが。。)
電話も繋がらず
住所も伏せる!笑
山の中散歩していてたまたま見つけた人歓迎!
ボーッとしたい人、
人生にちょっと疲れた人、
渋いお菓子と渋いコーヒー飲みたい人限定!
みたいな感じの。笑
そんなお店作りたいんですよね〜

ダメか〜。笑

 


狭い厨房と小さなお店、
自分が大切にしている
巨大化した植物を育てるための大きなコンサバトリーと
暖炉とソファがあればそれで十分、
笑って暮らしていけるわ。

 


そんな生活したいな〜
やっぱりダメか〜〜

 

 


で、こんな感じの魔女みたいなお婆さんになって
いつまでもカッコ良く現役貫き通す・・・
なんてこと、

やっぱりムリか〜〜〜。

 

つづく。

セブンシスターズ

 

話はいきなり
パリから離れるのですが・・笑

 

展示会が終わった後、
旅慣れたメンバーの粋な提案で
急遽ロンドン郊外の、
セブンシスターズまで
旅することになったのでした・・・。

 

 

ドラマチックな空と雲
日本の空とは色が少し違いますね。
湿度の問題でしょうか?
体もふわっと、浮く感じ?

 

60’モッズな映画
「さらば青春の光」で舞台になった場所
(スティングのスクリーンデビュー作らしい)

 

海風が作り出した
植物の造形が素晴らしく美しかった。

picは全く修正していない自然の色なんですよ、
自然にできたスワッグ?のサイズは
優に2mは超えており・・
アンドリュー・ワイエスの絵の様でした。

本当に素敵だったから
「連れて帰りたい」と呟いてみたけど・・

またいつか会いに行きます。

 

 

つづく。

至福の一服

 

先週、熊野三山を巡ってきました。
もちろん日帰りで。笑

7年前、熊野本宮大社にお参りをして
そのとき願かけをしました。
それが叶ったお礼参りです。

那智大社はなんと40年ぶり!
駐車場のおばさんに
「40年ぶりです」と声をかけると
「へ?40年ぶり?あんた30代くらいや思たよ〜」

※おばさん、きっと目が悪かったのでしょうが・・
このやりとりを、どうしてもどうしても書きたかった。笑

 

 

植物好き、
特に苔好きにはたまらない古道を歩き続けました。

 

野生の鹿にも出会いました。

 

途中気になっていたサルスベリの群生地

帰りにこの場所で茶箱登場、
お薄を点てて、
詣で餅で至福の一服、

しあわせでした。。。