旅する右脳

 

 

日本の骨董を扱う若手の男性のセレクトがすきです。

ただし、そこには絶対的なセンスと知性(!)

そして何かひとつ 先を進んでいる感じと・・

決して、人の真似やブームにのっかってはいない、

独特の感性をお持ちの方、限定ですが。

 

 

img_5251

 

インスタの世界でもそういった方が数名おられます。

ひとこと添えられたコメントがイカしていたり、

なんとなく、ほっとさせられたり・・・

よく勉強されてるな〜と感心することもシバシバ、

もちろんセレクトが素敵で、お写真もいい。

趣味ではなく、自慢でもなく、仕事として活躍され

大変でもなんでも、

これで生活をしているプロとしての誇りというか・・

かっこよさがある。

SNSばかりに執着してなさそう感が、またいいのだ(ベタ褒め、)

そんな若手の方から譲っていただいたのがコレ。

マッシュルーム代官・・いや、福助。

購入時のやりとりもかっこよすぎて、たまらなかったのですが(笑)

送金するとき、やっと気付きました。

その方、女性で・・・(!)

でも、そのジェンダーな感じがまた良かったりして・・

・・・・・先入観、はんぱないな。

なんでもかんでも想像してしまう

右の脳を、もっと仕事に活かすことにします。。。(恥)

 

さ、しごとしごと。。

 

※シュトレン完売いたしました

 

 

チカコレ

 

のっぴきならない大切な用事が入ったので
清水の舞台から飛び降りる覚悟で
憧れのブランドCに出向きシャツを購入した。

高野山のカフェから一転
タイミングが合うのはこの日しかない!ってことで
横で機嫌よくランチを食べていた服飾関係のF子に

「似合うかどうか、ほんまのとこ言うてな、」などと、

遥々ついて行ってもらうにもかかわらず
若干脅しとも思えるような圧力をかけ・・

どこまでも走る愛車に乗って梅田に、いざ出陣!

どんだけ行動範囲広いんや…

 

お店に入ったとたん
スタッフの手厚い接客術で緊張感が緩む。

しかしえらい格好で来てしまった。

「あの、お昼まで高野山におりまして・・
登山してたみたいな汚い格好でごめんなさい・・」

またまた向こうに全く関係のない言い訳をしてしまう(恥)

袖を通して初めてわかったが、
ハイブランドのシャツは贅沢な大人のためのモノなんだ。
どんな体型にも似合うように巧みにデザインされており
見ているより着た方が断然かっこいい。
私みたいなものでも
エレガントさや知的さが(皆無に等しいが、)
前に押し出される感じがするんだから、
すごいわ。

だからこその人気
ハイブランドC、なのだよ、きっと。

 

DSC05371
その場の雰囲気で、

一瞬、金持ちになった錯覚をおこしたが、
こんなことは、たぶんもうない。

「それ、自慢か、」心の声。(サヨナライツカの豊 風!)?

 

いったい、
シュークリーム何個焼いたらいいんだ!

購入後のことを考えれば考えるほど恐ろしい・・
けど、
死ぬほど焼きますで、シュー。
それに、
このシャツ死ぬまで着ますさかい。

 

DSC05375

 

そして後日、
本屋に行く途中ふと立ち寄ったH&M
片隅の処分コーナーにかかっていた
山吹色のこの子、
何度も張り替えられた値札はとうとう¥500だと。

「きっと、山吹色に染められたから売れなかったんだよ」
そう思うとなんかかわいそうになってしまった。

「帰りのジェラートを我慢すれば買えてしまうんだから・・」
何か購入するときは
いつも、なにかしら理由を見つけて自分を諭す。

サイズ感といい質感といい、
この子も着た方が断然いい。
モードにもカジュアルにもなるから
ラッキーな買い物だったと思う。

どちらもお気に入り、

どちらもチカコレに認定!!

 

柚味噌とアランセーター

 

オー・バン・マリーのオーナーでスタイリスト
オード・クレモンがこれ見たら泣いて欲しがったでしょうね?

 

DSC04649

京都、八百三の柚味噌は冬の食卓に欠かせない必需品
こちらは手のひらにちょこんと乗っかるくらいの限定復刻版
湯豆腐、ふろふき大根、こんにゃくの田楽。
・・・やはり日本酒と相性よろしく・・

 

DSC04643
一度に沢山食べてしまうため、いつもは実用的なサイズを購入。
小さな器は柚子胡椒入れに変身しており・・

伝統的なものが大好き
だから、京都に行くと調子がいい(笑)
烏丸御池から寺町までゆっくりと散歩・・・
決まったお店で卵サンドを食べコーヒーを飲み、
大通りにある”Ron herman”へ、
シーズン中、誰のものにもならず
しかもセールになって私を待っていてくれた(涙)
アランセーターと運命の出会いを果たした。
セーターのタグには作者のサインがあり
遥か、アイルランドからやってきたのだと思うと感無量に。

え?もしかして・・お店のスタッフさん親友の弟?
・・よく考えれば、教師になった彼がここにいるわけもなく
あんなに若いはずもない。
サーファーっぽいスタッフさんを見ていると
弟Mちゃんの若い頃の面影と、
リッキー・リー・ジョーンズのナンバーを思い出す。
ちなみに、45歳になったMちゃんは五條在住で今もサーファー、
奇跡的に(笑)体型も髪型も変わらず、かっこいいんですよ!

 

DSC04676
30年前、オー・バン・マリーで購入したオレンジのポットと記念撮影

ほんの10分だけ、
30年前にタイムトリップして
あの頃のみんなに会いたくなった・・。

 

A FACE IN THE CROWD

 

 

爆買!!!
とうとう、うちのお店にも中国からのお客様が〜
6、7人のグループでアレやコレやと、ヤイヤイと。
沢山のお菓子をお買い上げくださいまして
誠に誠に、謝謝〜謝謝〜〜

「上海からお越しですか?」
思わず適当なことを話しかけてしまう・・
※本当は絶対やったらアカン接客ですネ、、、

「ノ、ノ、ノ、、」
(急にフランス語みたいに訛られて、笑)
「タイペイ デス タイワン カラ キタヨ」(欧陽菲菲風に、)

もちろん、
そこから台灣のお話で盛り上がりまして

「マタクルヨ」

また、って・・笑
ホンマにまた来きてくださるんやろか?

いただいた言葉に「サイチェン!」というと
「再見!」と手を振って大勢でザワザワと帰って行かれました。

はたして・・台灣のサヨナラはサイチェンでいいんやろか?

いろいろ疑問残りますが、
田舎でいても、こんなことあるんやな〜と。

「そうやん、台灣行って勉強せんとあかんわ〜」

ってことで、

あす、日帰り台灣ツアー決行!

「くぉ〜ぬくぅぁ〜うぁめふるぅ〜みどぅおぅおすじぃ〜♪
はぁ〜なたぁ〜はぁなたはどこよおぉぉぉ〜♬」

もういいですか(恥)

結局、これを言いたかったんですよね〜(笑)

 

DSC04555

 

DSC04563

一昨日、
カッコイイ大人がまた一人旅立たれましたね・・

2年くらい前、キャトルちゃんからもらったロンドン土産。

表には彼の顔がプリントされており
裏にはこんな文字が・・

DAVID BOWIE IS A FACE IN THE CROWD

さすが!!ヴィクトリア&アルバート美術館のスーベニール!
V&A美術館の所々に散りばめられている何気ないメッセージって、

なんか胸がキュンとするんですよね・・・。

 

チカコレ

 

今日 お客様にレジ前で
「ブログみてますよ」と声をかけられて、
恥ずかしくてお腹の力が抜けそうになりました。。。
昔から来てくださっている知的な女性のお客様なんですが
じつは、お話をしたこと殆ど無く・・・

「もっと内容のあること書かないと、、」と
色々考えたら よけいに何も出てこないので
とりあえず?チカコレにしとこかと・・・笑

お正月からは一度外出したくらいで
ずーーーっと働き続けておりまして
本屋の立ち読みもしておらず・・・映画なんてそんなもの
京都シネマの行き方も忘れてしまいました。。。

どんなことがあっても必ず目を通す、
某雑誌の当たり過ぎるホロスコープも見ていないんだから・・・
働き過ぎでしょ、、ね、ね、
だから、正真正銘のネタ切れでございます、、

 

021
チカコレ其の1
アイルランドのセーター

チカコレですモノ? 25年モノ。
昔すぎて 何処で買ったか覚えが無く・・・多分、ビームス?かなぁ。。
偶に思い出したように着ています。
すっかり体に馴染んだのか?
着る度「自分で編んだの?」と聞かれるんですが・・・
七分丈のお袖がかわいくシルエットが上品で女らしいんですよ、、
だから 死ぬまで着ます・・(笑)

 

034
チカコレ其の2
ウプラのバッグ

やはり、25年前の物
始めてパリに行っで購入した思い出の品
軽いし旅行にも最適でチョクチョク出番あります。
使い込んだつもりですが まだまだ新品同様!
これからもっとええ味出てくるかと。。。
死ぬまで斜めがけします(笑)

 

連休明けの明日は ノスタルジックの皆さんと
和歌山の何処かの村?まで視察ツアーに行くらしく(人ごとですが、)
みんなで何か始めようと色々企てておられるようで(人ごとですが、、)
大好きな先輩や近くのパン屋さんなども参加する為、
行かないわけにはいかず・・・笑
けど。。。女のくせして、お店の事となると
どうも一匹狼的なとこありまして(笑)
大勢で何かする場合、
協調性に欠ける・・・というよりも
協調しすぎて面白いとこ無くなる、みたいな感じでしょうか・・・
そういうとこ、今年から改めなあきませんし。。

こんな時こそアイルランドセーター着て行こう!
ウプラのバッグを斜めに掛けて、いざ!!

先輩の話を良く聞き、、
大真面目にお勉強してまいりますのだ。。。

 

冬じたく

 

いっきに寒くなりましたね

ビーツをいただいたもので 昨夜はボルシチを作りました
小さなビーツひとつ入れるだけでお鍋の中は真っ赤!
(シンクの中もマッカッカ!)
火を入れて煮込んでもその鮮やかさは変わらないから
自然の力は凄いな~
台所が理科の実験室に早変わりしたみたいでしたよ

ロシア料理のボルシチ
寒い地域の食べ物だけあって
食べた後すぐに体はポッカポカ
これってビーツのせいなのか?
ハタマタ、、、3年ぶりに食べた牛肉のせいなのか?

 

057

コレ チカコレジュニア(笑)

12年位前でしょうか、、、
スクランプシャスでオーダーして作ってもらった
ハラコとラビットのスリッポン!
履くと左のつま先がどうも痛くて
新品のまま ずーーーーーーっと靴箱の番人を・・・

このまえ 何気に足を入れてみると・・・
オヤオヤ、、足も歳をとったのでしょうか?
その名の由来通り スリップ オン!

さっそくコレ履いてお出掛けしたらば、、、
お店のスタッフの方にカワイイ~なんて褒められて
「それってヴィンテージですか?」と質問され
話せば長いので「まぁ そうですね」と答えておいた
みなさんならば「チカコレですわ」でご理解いただけるのでしょうが・・(笑)

けど、、スリッポンさんもよくぞここまで待っていてくれたものですね
今思えば 10年前の私じゃまだまだ・・・そんなもの、、

歳をとって 少し枯れた感じで履いたほうが絶対カッコイイんだも~ん
・・・・ってことで
足元ポカポカ 体もポカポカ

木枯らしなんて アタシちっとも怖くない・・・なのだ。。

 

 

 

チカコレ

 

パ、パソコンの調子がぁ~

 

なんとか復旧したけど、今度は新しいラベラーに振り回されて

遂に遂に、舌の先にプツプツが・・・・

 

003

 

久しぶりのチカコレは・・・

妹がフィレンツェで買ってきてくれたお土産のTシャツ。

カレコレ・・・25年経ってます。(モノ持ち、ええでしょ、)

よ~く見ると(よ~く見なくても、)

ダイアナとチャールズ、なんですけど・・・

もっとよ~~く見ると、ダイアナさんヌードなんですよね、、、

悪趣味。

けど、なんともイタリアらしいといいますか・・・笑える。

「こんなん着て外あるかれへんやん・・」とブチブチ言いながらも、

ダビデ像プリントなら父に叱られて部屋着にもでけへんかったわと、

ちょっとホッとした憶えあります・・・

勤続25年、さすがに全身ボロボロ。

袖も首元も繊維が薄くなって今にも破れてしまいそう。

チカコレでやっと日の目を見た

裸のマハ?いえ、ダイアナでございます・・。

 

そういえば今朝、

キャサリン妃が第2子を懐妊したニュースが流れていました。

キャサリンさんはダイアナさんの人生に比べると

トントントンと、幸せそうですね。

ウイリアム王子に愛されてる感ありますし、、

ま、

本当の事はご本人のみぞ知るところ、

幸せと感じているかどうかは彼女に聞かねばわかりませんが。

で、

もちろん私は、

寂しい目をしたダイアナ妃派でございます。。。

 

ダイアナ

 

 

 

不思議の国の・・・

 

今年の夏に結婚式を控えていて、

只今、ウエディングドレス選びの真っ最中なんだとか・・・。

 

119

 

幸せそうなユウコタンに、チカコレをプレゼントいたします。。。

え~~っと、いつ買ったか全く憶えておりません。

しかし・・・こんなん私、本気で着てたんですね~。(笑)

ムリヤリでなかったらいいんだけど・・・。

それにしても良くお似合いで。

偶々のカチューシャがアリスの様ですね・・・、

このドレス、たぶんフランスの古い物です。

ウェディングドレスとして使用されていたとか・・・。

うちのクローゼットで眠ったままより、

ドレスだってこっちの方がうれしいに決まってるもん!

 

二次回にでも 着てくださいな。。。

 

ババールのトレーナー

こう見えて?私、

物もちがいいんですね~。

洋服だって、道具だって・・・、

気に入って買ったものは捨てられないんですね~。

身の回りは、ウン十年前に買ったもの、

なんてのが、ザラにありまして・・・・(笑)

で、そういう物を、チカコレと呼んでいます。

015

これもチカコレ、

え~っと~

このトレーナーは、いまから約30年前にアメリカ村の外れで購入!

今も尚、現役。

ここぞって時に着用する、勝負トレーナーでございました~!

コレ着てたら「カワイイ~」なんて言われてチヤホヤされて(笑)

ホント、カワイかったんだから~。

その頃に、あなたとお会いしたかったモンですね~(笑)

 

去年でしたか?

コレ購入したお店のお姉さんが偶然ご来店!

お顔、奇跡的に思い出したんですよねー、

それにお姉さん全くお変わりなくて・・・。

「あの~、もしや・・・・」

思い切ってお声をおかけしたらば、大当たり~!!

ババールのトレーナーのお話でえらく盛り上がってしまいました。

 

ながいこと生きていると、

マンガみたいな偶然にも遭遇できるなぁ。。。