充たされざるもの

 

去年、

札幌で暮らす30年来の友人の個展を

クリアン2Fのギャラリースペースで開いたのですが・・

 

たしか同じ時期、

地元の友人が偶々読んでいた本が

カズオ・イシグロ で・・

その本の装丁が

まさしく個展を開こうとしている

民野宏之の作品だった。

友人はそのタイムリーすぎる偶然に

すごく驚いていましたが・・・。

カズオ・イシグロ

ノーベル賞とっちゃいましたね。

何も関係ないけど

何かしら繋がっているのが

ちょっと嬉しくなったもので。。。

 

 

 

民ちゃん 良かったね〜。

 

 

ロンドンにて、ひとりごと。

 

流行りだからとかじゃなくて、ですよ。

森の中に小屋作って
そこでお菓子焼きたいんですよね〜
茶色くて渋いお菓子ばかり厳選して焼きたい!笑

 

 

入り浸りなご常連NG!
カフェ好きNG!
カメラ女子男子NG!
お子もNG!(鬼みたいなこと言いますが。。)
電話も繋がらず
住所も伏せる!笑
山の中散歩していてたまたま見つけた人歓迎!
ボーッとしたい人、
人生にちょっと疲れた人、
渋いお菓子と渋いコーヒー飲みたい人限定!
みたいな感じの。笑
そんなお店作りたいんですよね〜

ダメか〜。笑

 


狭い厨房と小さなお店、
自分が大切にしている
巨大化した植物を育てるための大きなコンサバトリーと
暖炉とソファがあればそれで十分、
笑って暮らしていけるわ。

 


そんな生活したいな〜
やっぱりダメか〜〜

 

 


で、こんな感じの魔女みたいなお婆さんになって
いつまでもカッコ良く現役貫き通す・・・
なんてこと、

やっぱりムリか〜〜〜。

 

つづく。

旅する茶箱

 

3ヶ月位前、
グループでご来店くださったお客様の中に
フランス人らしき初老の男性がいました。

直感で、パリからいらしたとわかりました。

ちょうどその頃の私はスランプ状態に突入しており
何をしても全く良い案が浮かんでこず
数ヶ月後にパリで展示会を開くことが
とてもプレッシャーになり始めていた頃で・・。

自分の感覚に全く自信が持てず心細くて仕方がない、
なんでもいいから
その方達と少しお話がしたかったんですね。

そうはいっても、
お茶を楽しんでくださっている4人のテーブルに
ドシドシ割り込んで行くわけにもいかず、
なんとなくふわっと、あわよくばな感じで(笑)
最後のオーダーの品をお持ちしたのでした。

すると・・その中の東洋人らしき女性が
私の洋服の色が好きだと話しかけてくださり
念願叶って彼らとパリの話を少しだけ。

ちょうど20年前、
縁があってパリで洋菓子の勉強をした事など・・
昔の話も少しだけ。

「パティシエと言うとね、サダハル・アオキを思い出すの
彼は独身の頃ずっとうちの主人のアパルトマンで暮らしていてね・・」

彼女から青木さんの名前がとびだし、びっくり!
20年前私がパリでお世話になったのは
まさしく!サダハル・アオキだったからです。

 

世間は狭い、
そしてそして、みんな繋がっているんですよね。

彼女たちとパリでの再会を約束。
多分一生忘れない出来事が起こった日でした・・。

 

 

 

いつのまにか旅する事が一番の趣味となりました。
休みができると ちょこちょこ旅に出るので
周りの皆さんはなんとなく暗黙の了解的な・・笑

でも、なにか今回は違う?
北のほうにある国が不安定だからもあるのでしょうか?
友達やお客様が顔を見に来たとわざわざ訪ねてきてくれたり
お護りをくださったり。涙。

カフェを目指して頑張っている
ユウ君も手作りベアーを作ってくれました。
小さな声で「Cついてるんです・・」って呟く彼。

言葉足らずな彼には詳しい説明などない。
けど、心を込めて作ってくれたのだろうな〜なんて
またまた勝手に想像、、、そして涙。

 

みなさんの優しさに心がキュンとなりました。
ありがとうございます。

では、クリアン代表してパリ行ってきます!

 

 

 

至福の一服

 

先週、熊野三山を巡ってきました。
もちろん日帰りで。笑

7年前、熊野本宮大社にお参りをして
そのとき願かけをしました。
それが叶ったお礼参りです。

那智大社はなんと40年ぶり!
駐車場のおばさんに
「40年ぶりです」と声をかけると
「へ?40年ぶり?あんた30代くらいや思たよ〜」

※おばさん、きっと目が悪かったのでしょうが・・
このやりとりを、どうしてもどうしても書きたかった。笑

 

 

植物好き、
特に苔好きにはたまらない古道を歩き続けました。

 

野生の鹿にも出会いました。

 

途中気になっていたサルスベリの群生地

帰りにこの場所で茶箱登場、
お薄を点てて、
詣で餅で至福の一服、

しあわせでした。。。

 

 

フェルナンドの描く女性の様な・・

 

脳みそフル回転。

なんとか動かしている左脳だけでも大変なのに、
ここのところ錆び付いていた右脳まで
必死で動かしておりまして・・

疲れすぎて
どんなに蒸し暑い熱帯夜であろうとも
爆睡できるんですよね、

そしてまたまた巡ってくる
明日は週に一度の英会話教室。

受験以来のこの感じ?
10月になれば解放されると信じ頑張ろう〜

そういえば・・
Kちゃんの早朝英文メールも
やっと違和感なくなった。

けど、
これみてわざわざメールせんといてね、マジで。笑

 

 

 

パティシエのマイちゃんが住む
西吉野の山の上で育ったシャインマスカット!

ここ数年 夏になるとマイちゃんは
朝取りのマスカットを農園で受け取って出勤してくれます。
ありがたいです。

五條産の卵や小麦粉で作ったタルトの上に
これでもか〜!ってくらいのマスカット。
「ボテロ」という名で
ショーケースに並んでおります。

一足お先に、インスタグラムでおしらせを・・

早速「まってました〜!」のコメントいただき
嬉しい限りでございます。。
ご来店お待ちしております。。。

満員御礼

 

京都のユグドラシルさんで開かれておりました
exhibition「カゴ 籠 KAGO 加護」
昨日終了いたしました。

猛暑の中ご来店いただきましたお客様
本当にありがとうございました。

私は初日のみ店頭に立たせていただきましたが
ブログやインスタグラムを見て訪ねて来てくださった
初対面のお客様が非常に多かったことにびっくり・・

お菓子屋がお菓子の画像を殆ど投稿しない
ブログやインスタなど、だれが見るものか!
見てくださっている人など
ごく一部の知り合いだけだと思っていましたが、、
恐るべしSNS!
思っている数十倍の力がありました!

「京都ならなんとか行けると思って来ました!」と
京都在住でないお客様のお声を何度か頂戴し、
不思議な感覚になりましたが・・・

遠いのはうちのお店の方だったのですよね(汗、、)

デパートの出店やケータリングの経験はあるものの、
個人のお店に出店させていただくのは初体験
いろいろ勉強になりました。

参加されていたメンバーの皆さん、
そして、今回お邪魔したYgddのオーナー戸川さん
大変お世話になりました!

ありがとうございました。

 

 

 

坪庭が見える素敵な和の空間で
普段とは違うセレクトのお菓子を
展示させていただきました。

無農薬の桑の実や青柚子や檸檬、
少し贅沢なルセットのお菓子作りがとても楽しく・・。
「やっぱり山の中で小さなお店を開きたい
その日採れた実や卵や近くで採れた小麦を使い
ゆっくりお菓子を焼いてコーヒーを淹れて
ぼんやりと過ごしたい」。。などと強く強く。。笑

しかし、簡単にそんな生活は手に入らない。
そこに行きつくまでには
まだまだ頑張らなければならないようで・・

 

さー、
このイベントが終われば
次はフランス パリでの個展が待っています。

「今頑張らないで、いつ頑張る?」

お話が決まってから
ずっと自分に言い聞かせて頑張ってきた約2年間が
数日間で水の泡とならないように・・
パリにシカトされないように・・・

気合を入れ直さないと。

 

 

info

 

 

ちょうどひと月前に
寝室のクーラーが壊れた。

昔から、
良くも悪くもドンピシャなタイミングで
事が進む。

なので、
良い時は自分でも信じられないほど
絶妙なタイミングの巡り合わせがあるし、
それが裏目にでれば
「何もこの時でなくても・・」な、タイミングで
クーラー壊れる訳で。(しかも、再起不能的な、、)

「寝る時クーラー絶対いる?」
自分にずっと問いかけながら
きっと眠れぬ熱帯夜(想像)がずっと怖く、
就寝前にはタイマーをオンにしていた。

で、
このピンチをチャンスと思う事にしたのだった!
で、
寝室だけですが・・
扇風機オンリーの生活がはじまりました。
おかげで体調が良く、
このままいけば毎年9月に襲ってくる
消化器系の不調から脱出できるのではないか、と。

、、、、

どうでもいい話ですよね。

暑すぎて頭の回転がかなり鈍っておりまする。。

 

 

 

さて本題、(!!!)
京都のYggdさんでイベントがあります!

exhibition「カゴ 籠 KAGO 加護」

7/21(fly)~23(sun)  11:00~18:00(最終日17:00)

素敵な作家さんたちが作った
カゴや小物がたくさん並ぶそうです!!
癒しのスペースもありますよ!

ユーミンの呉田軽穂みたいに(古、)
京都じゃ有名なあの方も?
お店の名前を変えて出店されるとのことで
ならば私も、と。

クリアンは「Vertumne et Pomone 」という
私の周りではTさんとRとVetTetMとMちゃんと、
そしてフランス語の先生Kさんのみ発音できる?
まったくもって浸透しにくい名前を敢えてつけてみた。

普段お店に並んでいない渋めのお菓子を中心に
山で採れた無農薬の桑の実や枇杷や山椒などの焼き菓子やタルト
地元の小麦を使ったエクレールやシューケットを販売します!

3日間参加させていただきますが
私、金曜日のみ店頭に立たせていただきます。
淹れたてのコーヒー(淹れたてI.Cもあります!)
と共にお楽しみくださね。

祇園祭りの後祭りの時期です
この時期にしか味わえない京都の街の雰囲気を楽しみながら
浴衣でも着てそぞろ歩きはいかがでしょうか。。。

ご来店お待ちしております

 

⚫︎Yggd
ユグドラシル
京都市中京区六角油小路町345−3
yggdkyoto.com

 

プチクリ

 

満開の西洋ニンジンボクが可哀想な気もしますが
シトシト雨が降ってやっと梅雨らしいお天気ですね、
雨降りはなんとなく気分が落ち着いて好きです。

今夜、山の上で楽しみにしていることがあるのですが
夕方から急に雷がゴロゴロなり始め・・・
龍神様の仕業かと?
どうやらウエルカムではなさそうな?
もっと働け!なんでしょうか?

 

 

 

さてさて7月のプチクリちゃんご紹介・・・

風蘭花(フランカ)ちゃん 9ヶ月

もう、本当にかわいい〜〜〜!
きっと眠いのにずっと機嫌がよくて
みんなにニコニコ愛嬌を振り撒く天使でした〜
たまらなくなって私も抱っこさせていただくことに。笑

お父様はクロアチアから来日されており・・
クロアチアといえばアドリア海の真珠〜!
夏休みに一番いきたい国です!

しかし、なぜに五條へ???

クロアチアから五條に引っ越してきたなんて、、
渋すぎる!!

みなさん引力で五條に引張られているようですね。。笑

おかげで ど田舎に暮らしながら
色んな国の方とお話ができて嬉しい限りですが。。

 

フランカちゃん
お父様お母様 親戚のお姉さま
ご協力ありがとうございました

また抱っこさせてくださいね!

 

泡沫

 

今日はシェフの月命日。

「この次はお盆ですね、8月14日の午前中に伺います」

仏壇にお参りしてくださった院主さんが
そう言い残し、忙しそうに帰って行かれました。

時間経つの早いですね、 ほんとに。

写真の彼は40代前半で・・

どんどん歳が離れていきますね・・・。

 


通称「モネの池」を見るためだけに
遠路はるばる岐阜まで。笑

山に浸み込んだ雨が、池の湧き水となるそうで
雨が降った3日後くらいがベストな透き通り方らしく・・・。

神秘的で不思議な感覚。。。

だけど、思った。
往復13時間かけて岐阜に行かなくても
10分も走ればもっと神秘的な池がいくつかある。
秘密基地の側にもひとつある。

睡蓮は咲いていないけれど・・

自分が暮らしている場所は
やっぱり特別な場所だなぁ・・・なんて。

 

神の手

 

とうとう先週、
京都のお寺で西島さんと出会ってしまった(!)

ちょうど一週間前 テレビの中の彼を
崇拝しながら見ていた矢先のことだったから・・
「なんか、ついてるな〜〜〜」とか
「お寺で出会うなんて、すごいな〜〜〜」とかとか、色々。笑

 

 

実はソノ西島さん、
アノ☝︎N島さんではなくて・・・笑
宮大工の棟梁の西島さんなんですよ、

数日前、テレビで高野山の特集をしていた時に
デコボコの石の上にどうやって大きな大きな柱を建てるのか?
(釘一本使わず石の上に柱を立てることができるんですね〜)
昔から伝わる技法を西島さんのお弟子さんが再現されていたのですが・・

なんと、最後の最後は掌を石に翳し頭の中にイメージしたものを
少しずつ鉋で削っていくのだそうで・・
その作業見て感動!日本人の感覚ってすごいなぁ。。って。
多分、掌を翳しながら丹田で感じたものを
神がかり的な感覚で削ってゆくのでしょうね・・・。

 

西島さんとお寺の廊下で少しお話をしました。

「お弟子さん大工さんというより修行僧のようでしたね」というと、
「そうですね 神様や仏様に接する機会が多い仕事ですので・・」とボソボソ。

誠実でまっすぐな方。

きっと神様から選ばれた方なんでしょうね、

お会いできてとてもうれしかったです。

高野山の帰り道、
いつかいつか、いらしてくださいね。。。