チカコレ

 

のっぴきならない大切な用事が入ったので
清水の舞台から飛び降りる覚悟で
憧れのブランドCに出向きシャツを購入した。

高野山のカフェから一転
タイミングが合うのはこの日しかない!ってことで
横で機嫌よくランチを食べていた服飾関係のF子に

「似合うかどうか、ほんまのとこ言うてな、」などと、

遥々ついて行ってもらうにもかかわらず
若干脅しとも思えるような圧力をかけ・・

どこまでも走る愛車に乗って梅田に、いざ出陣!

どんだけ行動範囲広いんや…

 

お店に入ったとたん
スタッフの手厚い接客術で緊張感が緩む。

しかしえらい格好で来てしまった。

「あの、お昼まで高野山におりまして・・
登山してたみたいな汚い格好でごめんなさい・・」

またまた向こうに全く関係のない言い訳をしてしまう(恥)

袖を通して初めてわかったが、
ハイブランドのシャツは贅沢な大人のためのモノなんだ。
どんな体型にも似合うように巧みにデザインされており
見ているより着た方が断然かっこいい。
私みたいなものでも
エレガントさや知的さが(皆無に等しいが、)
前に押し出される感じがするんだから、
すごいわ。

だからこその人気
ハイブランドC、なのだよ、きっと。

 

DSC05371
その場の雰囲気で、

一瞬、金持ちになった錯覚をおこしたが、
こんなことは、たぶんもうない。

「それ、自慢か、」心の声。(サヨナライツカの豊 風!)?

 

いったい、
シュークリーム何個焼いたらいいんだ!

購入後のことを考えれば考えるほど恐ろしい・・
けど、
死ぬほど焼きますで、シュー。
それに、
このシャツ死ぬまで着ますさかい。

 

DSC05375

 

そして後日、
本屋に行く途中ふと立ち寄ったH&M
片隅の処分コーナーにかかっていた
山吹色のこの子、
何度も張り替えられた値札はとうとう¥500だと。

「きっと、山吹色に染められたから売れなかったんだよ」
そう思うとなんかかわいそうになってしまった。

「帰りのジェラートを我慢すれば買えてしまうんだから・・」
何か購入するときは
いつも、なにかしら理由を見つけて自分を諭す。

サイズ感といい質感といい、
この子も着た方が断然いい。
モードにもカジュアルにもなるから
ラッキーな買い物だったと思う。

どちらもお気に入り、

どちらもチカコレに認定!!

 

雨降り、夕方、高畑、

 

お店の人に

「なにか お店されてるんですか?」

と聞かれたので

「なにしてると思いますか?」

と調子にのって質問し返したら

「占いとかですか、、」やと(爆)

「ある意味当たってますよね、」とキャトル子ちゃん。

ぉぃぉぃぉぃ・・・

私(以下、c)「スピリチュアル系と?」

店主(以下、a)「いえ、そっちではなく目に見えない気とか見えそうな感じの」

 

IMG_0494

 

c「そうなんですよ、目と目の間でいろんなこと見えるんですよ」

a「ほんとですか?」

c「うそですよ、」

a「あ、へぇぇぇ、」

c「また来ますね」

a「じゃ、お車まで」

c「あ、ここでいいですよ、
私イタリア人の血流れているんで車汚いし」

a「イタリア人?ほんとですか!」

c「うそですよ、笑」

a「はぁぁぁ、
もしやそれもありうるかと・・・」

 

後で気づいたけど
お店で買ったチープなインドのジプシーリング

占い師っぽいかも、(笑)

それでかぁ・・・

しかし面白いお兄さんやった。

また行こ。

 

流るる雨の如く、

 

 

淡き光立つ俄雨

いとし面影の沈丁花

あふるゝ涙の蕾から

ひとつ ひとつ 香り始める

それは それは 空を超えて

やがて やがて 迎えに来る

 

春よ

遠き 春よ

瞼閉じればそこに

愛をくれし君の

なつかしき声がする

 

DSC05298

 

今日は彼の命日、

長くて短い8年間。

その間に、

辛く、悲しく、不安で寂しい時間を一生分味わった。

 

だから今は、

どんなに些細なことでも

とても幸せだと思えるようになった。

 

苦しみの後には必ず幸せがやってきて、

また、

その反対もあるだろう。

何かが満たされたら

変わりに何かが無くなる、

 

神様はいつも

やさしくて、残酷・・。